家具を変えて気分を変える

私は家具を売っているお店に行くのが好きで、見ていると時間を忘れてしまいます。特に好きなものが電気です。電気を変えると部屋の雰囲気がガラッと変わります。模様替えでもして気分を変えたいなと思った時、壁紙を変えるのは時間がかかりるし、手間もかかり面倒くさいと思ってしまいます。そんな時私は、電気を変えます。現在自分の部屋の電気は、天井のまん中に一つでぶら下がっているものです。このかさを変えます。かさは色々な種類があり選ぶのが楽しいです。和風のものでは、曇りガラスのような感じのプラスチックで出来ているものや和紙で電球を包み込むようになっているもの、木を使用した温かみを感じられるものなどがあります。洋風のものでは、薄くか色が入っているものやお金持ちの家にあるイメージのゴージャスな気分が味わえるものなどもあります。

家具の魅力とはなにか

引越しや新婚生活の他に日頃から家具を揃えている人はいると思います。家具は、配置やデザイン、大きさ、色などを変えるだけでかなり雰囲気が変わった部屋になります。また、自分の環境に合わせやすいです。子供向けや大人向けなど種類も豊富です。ホームセンターでも部屋の一部を再現したり、飾ってあったりもするので、実際に想像しながら選ぶことが出来ます。そして、業者がいちいち自宅に来て組み立てていたことが多かったと思いますが、分解してある商品を家へ持ってかえって自分で簡単に造ることが出来ます。あるいは、大きい商品を家へ無料で運んでくれるところもあります。それに加えて、古い家具を引き取ってくれるところもあります。すぐに設置することが出来ます。ホームセンターも各地に色々あります。様々なホームセンターをみて比較するのも自分の家にあったものを見つけることができると思います。

インテリアと生活の両面から考える家具

家具をひとつ置くだけで、部屋の雰囲気が、明るくなったり引き締まったりと変わることということは、よくあります。けれども、インテリアと考えると、どのように部屋をまとめるのかを明確にして、選択をしなければ、まとまりのないものになってしまい、コーディネートを失敗してしまうこともあります。ひとつの家具でも、その種類がいろいろとあることをチェックしておかなければなりませんし、サイズも縦や横、高さをしっかりと把握して、部屋にあうものかを確認しておく必要があります。飾りではなく、体にかかわるものであれば、心地よい素材と質感ということも大事なことです。また、他の家具とのマッチングも必要です。それぞれ別々に見て、すてきなものでも、ペアとして利用するには無理があるというテーブルとソファなどもあります。インテリアと快適生活の両方から、多角的にチェックしましょう。